頬に手を当てる女性

たるみに最適な化粧品~スキンケアが明日の肌を決める~

潤いと若さを保つため

美容クリーム

正しい順番で使用

乾燥肌とは、水分が失われやすい肌のことです。乾燥肌になると、肌表面の角質が乾いて浮き上がるため、肌がくすんで見えるようになりますし、カサカサとした手触りになります。また、角質同士がうまくくっつかなくなり、隙間ができてしまうのですが、その隙間が広がることで小じわになります。このように乾燥肌は、多くの美容トラブルをもたらすのです。しかし乾燥肌は、基礎化粧品の正しい使用により、徐々に克服していくことが可能です。具体的には、まずはローションと美容液とで、水分をため込む性質のある保湿成分を肌に与えます。そしてその上から乳液を塗って肌のキメを整え、最後にクリームを塗ることで蓋をするのです。蓋により、それまでに使用した基礎化粧品の成分が抜けにくくなり、潤いや整ったキメが持続するようになるわけです。

水分と若々しさ

肌に小じわが多くあると、老けて見えるようになります。また、くすんだ色をしている場合も、透明感のある肌と比較すると、若々しくは見えにくいです。このように肌からは、水分が失われることで若さも失われていくことになるのです。肌は、年をとればとるほど乾燥しやすくなります。そのため高齢化が進んでいる現在では、乾燥肌に悩んでいる人もまた、増えてきています。そのため、乾燥肌を改善し、潤った若々しい肌に戻すことができる基礎化粧品の需要は、今後一層高まっていくことが予想されています。若いうちから基礎化粧品を、日々正しく使い続けていれば、そもそも加齢による乾燥自体を避けることが可能になります。つまり年をとっても、潤いによる若々しさを保つことができるということです。